テーマ:軍事

救いの手

さきにShu様の「国連待機部隊構想」(http://rainy.seesaa.net/article/1678300.html)という記事に触発されて「ある「救いがたいもの」」(http://dainagon-end.at.webry.info/200501/article_7.html)という記事を書いた。 かたじけなくも、これ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっぱり、やる気だな

というのは、この話。 「「徴兵制禁止」明記に異論 自民、導入要求ないが…」(2004.11.19日共同通信) ああ、やっぱりやる気だな、というのが記事を読んだ感想。改憲論への懸念を表明しておいた「憲法改正の潮流に棹さして」に観測したことが現実かしそうで、恐ろしい。 子を持つ親として、徴兵制はほんとうにやめて欲しい。これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中華人民共和国人民解放軍所属原子力潜水艦による日本国領海侵犯事件に関して

というように、ようやく、すっきりした形になった。 中華人民共和国政府は、日本国の領海を侵犯した原子力潜水艦が自国海軍に属する者であることを認め、これに「遺憾の意」を表明した。 中国の「謝罪の仕方」が十分か、どうかは、わからないが、ま、こんなもんだろう。 どのみち、中国に、いくらあやまらせても、あまり意味がないと、わたしは、思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国籍不明」の原子力潜水艦による領海侵犯事件に関して(追記分)(11月14日記)

本稿は、「「国籍不明」の原子力潜水艦による領海侵犯事件に関して」という記事の追記として書かれたものである。記事が長くなったので、別途エントリという形をとった。 追記(11月14日) 日本政府は当該潜水艦が中国海軍に属するものと声明し、中国に正式に抗議した。 現時点で、中国側の弁明ないし謝罪はない。 本稿の記事と相違する点…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

「国籍不明」の原子力潜水艦による領海侵犯事件に関して

日本のマスコミはいきりたっている。 曰く、中国の東シナ海「内海化」が進んでいる。 曰く、「海上警備行動」の発令が遅れた(事務方は何やってんだ) その一方で意外とさめているのが、保守派のブログのようである。 曰く、たいしたことじゃない。 あるいは、中国潜水艦の事故ではないか。 あるいは、中国潜水艦による領海侵犯は今までもあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

憲法改正の潮流に棹さして

昨晩、TVタックルの特番(総集編?)を見ていたら、番組が「ハマコー化」していると森永氏が言っていた。そうなのだ、ネット上では、この番組以上に右傾化が進んでいるように思える。これが、若い世代の一般的な趨勢だとすると、世間の右傾化は今後も急テンポで進むのだろう。番組では、自民、民主両党の若手議員に、改憲ついてなんの疑念もないようにみえた。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

文民統制と文官統制

18日日経社説「「文民」統制と「文官」統制」は論旨が必ずしも明快でないが、おそらく社説子の主張の要点は次のようなことであろうと思われる。  石破防衛庁長官の防衛参事官制度廃止構想は、「文民」統制を目指してものである。  現在の防衛参事官制度は背広組の制服組への支配統制であって、それは文官統制であって文民統制ではない。  文民統…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more