テーマ:韓国

個人賠償請求権は未だ存在するのか?

 例の徴用工判決問題だが、  過去の政府解釈を加味して、放棄されたのが外交保護権だけであるとして、個人請求権があることを前提に、韓国最高裁判決を批判したが、  翻ってみて、単純な話。  原告に賠償金を支払ったら、1965年の経済協力金は、いったいなんだったのだろうね。  二重払いとなるのだから、いわば「不当利得返還請求」というこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BTSは反日のために、MSを出演中止させられたのか

 BTSが、「反日」制裁のためにミュージックステーションへの出演中止させられたとして、一部メディア関係者や外国(とくに韓国)報道を中心に盛り上がっているらしい。  彼らの音楽については、ほとんど知るところがないので、出演できなかったことが、残念なことなのか、どうかは最終的には、ミュージックステーション視聴者や、彼らのファンの判断に委ね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国政府の責任転嫁を批判する

朝鮮日報に掲載されていた聯合配信記事に、次のように韓国首相が日本政府を批判したとあった。 「日本の過激な発言に深い憂慮」 賢明な対処促す=徴用判決で韓国首相 【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は7日、「韓国人強制徴用被害者に対する韓国大法院(最高裁)の判決に対し、日本政府の指導者たちが過激な発言を続け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三権分立は、国際法違反の免罪符になるか

韓国外務省「日本は過剰反応、遺憾」 株式会社 産経デジタル 2018/11/07 00:19  【ソウル=名村隆寛】韓国外務省は6日深夜、元徴用工による訴訟の韓国最高裁の判決に河野太郎外相が「認められない」などと反発していることに対し、「遺憾である」との声明を発表した。判決に対する日本政府の反応に韓国政府が見解を示したの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「平和を愛する諸国民の公正と信義」は信頼するに足るか 韓国10.30判決に思う

 まず、現在の状況下では、憲法改正を行うことには賛成できないと考えている。  それは、現在の改憲の主張が、現行憲法に対するルサンチマンから出た情緒的な、いいかえれば、幼稚な主張に過ぎないからである。  現行憲法の制定以来、日本国民とその政府は、現行憲法をまずまず、適切に運用してきたと評することができる。  現行憲法の下、自衛隊の存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港化進むであろう韓国と、絶域の日本

 別に新奇な見解でもないが、朴大統領の弾劾成立と、これにつづく、左翼政権の復権は、短かった韓国の民主政 の頂点として記憶されるよりも、むしろ、その崩壊の画期として記憶されることになるだろう。  朴大統領の支持率の低下は、見かけは、その「友人」による国政壟断事件を原因としているように見えるかもしれないが、朴の弁明を、メディアも始め…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日韓和解の条件

 日本国と日本国民の名誉を、いたずらに傷つけたことについて  韓国政府と韓国国民の「こころからの反省とお詫び」なしには、日韓関係の和解はありえないような気がする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無人島をとり合っているのとは、わけが違うぞ  対馬を巡る韓国紙の記事について

 翻訳をおかしいのだろうか?  それとも、朝鮮日報の記事の書き方がおかしいのか?  いやいや、朝鮮日報がおかしいのか? 対馬返還を求める韓国の市民団体、27日に対馬を訪問  日本が強制的に占領した対馬返還を求める運動を展開する忠清北道槐山郡の市民団体「対馬奪還本部」が27日から29日まで対馬を訪問する。  訪問する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

為政者と表現の自由をめぐってのニ、三の感想、

現在、香港の行政長官選挙制度「改革」をめぐって、 香港政府と、学生らが対峙している。 学生たちは、もう10日以上も中心市街を占拠しつづけているが、 その方法は、平和的であるようにみえる。 このような抗議行動は、表現の自由としての位置づけも可能であろう。 中国政府、香港政府は、内政問題とであるとして、欧米の批判を受け付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河野談話検証の発表を受けて

 いずれの立場であっても、河野談話検証の発表を物足りなく感じたのではなかろうか。この程度のものを発表するために、日韓関係を危殆化する必要があったのか。(まあ、もともと、もう日韓関係はダメだという意見もあろうが…) もっと、分厚い、それこそ、韓国側の誰それが、いつ、日本側の誰それに、どう言ったというような動かしがたい証拠が羅列されたもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日韓和解は、韓国社会の反日レイシズム克服にかかっている

 5月30日の「朝まで生テレビ」でも、韓国系市民団体が、慰安婦像をアメリカの都市に建てる活動を、反日活動だとして、在米日本人社会・日系人社会に不安を生じさせているという堀潤の危惧に対して、金慶珠は人権問題としてやっているのだから問題ないと強弁したが、これは明らかに詭弁であろう。  たとえば、中央日報(日本語版)の平成26年4月17…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内に向いたのか

人並み程度の関心しかないのだが、… 韓国のセウォル号事故で、 船長が「船員だけは生きなければ」と考えたという韓国紙の報道をみて、 そういう発想というのは、 実質的オーナーが新興宗教の「教祖」様だったということと なんらかの関係があるのかな、と少し思った。 当該の会社に、教徒も多かったという話もきくし。 教義も問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「貢女」 

2011年4月24日の朝鮮日報日本語版の記事に少し面白いものをみかけた。 高麗・朝鮮王朝時代の「貢女」の実態とは  ~高麗時代から朝鮮王朝時代まで続いた「恥辱」 娘が候補になると、顔に薬を塗って傷を付けることも  「娘が生まれたら秘密にしたまま暮らす。他人に知られるのが心配で、隣人にも娘を見せられない。娘を隠していた事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅談話について、いくつかの感想

菅直人政権が、日韓併合100年を記念して、首相談話を10日閣議決定のうえ、発表した。 まずは、その全文を記録の意味もこめて、ここに掲げておく。  本年は、日韓関係にとって大きな節目の年です。ちょうど100年前の8月、日韓併合条約が締結され、以後36年に及ぶ植民地支配が始まりました。三・一独立運動などの激しい抵抗にも示された通り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この温度差  ~アフガニスタン「支援」をめぐって

 韓国紙中央日報の日本語版を眺めていると、アフガン支援についてどこか悲壮感ただよう議論がなされていた。「小国」にとって、アメリカの新政権に迎合するためにどれほどの犠牲を要するのかという現実がまざまざと感じられる。  大河ドラマでも、上杉家が朝鮮侵略や大阪攻めに動員される苦渋が描かれている(現実の戦国大名の姿ではないだろうけど…)が、わ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

腰抜かした

腰抜かした→これ 文鮮明の自叙伝が紀伊国屋の和書全店週間ベスト4になっていた。 なんじゃ、そりゃ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

護衛艦「くらま」の事故について若干の感想

前方をトロトロおっせー車が走っていたので、 「オラオラ、どかんかい。ぼけぇ」とかいって、反対車線から追い越そうとしたら、 反対車線を走ってきた対向車と正面衝突。 大破炎上。 ああ、なんだ、よくあるパターンのやつではないか。 他方、反対車線を走っていた車も 「オラオラ、なにやっとんじゃ、われぇ」ってかんじで、チキン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊藤博文 没後100年

昨日、伊藤博文がハルビンで暗殺されてから100年だったそうだ。 「安重根は民族魂のシンボル」=伊藤博文暗殺100年で式典-韓国首相  【ソウル時事】韓国の英雄、安重根が中国ハルビンで初代韓国統監を務めた伊藤博文元首相を暗殺してから100年を迎えた26日、記念式典がソウルで開かれた。日本の近代化に貢献した伊藤博文だが、韓国では…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

池内敏「薩摩藩士朝鮮漂流日記」(講談社選書メチエ)を読む

池内敏「薩摩藩士朝鮮漂流日記」(講談社選書メチエ)から  その際に、意思疎通の手段を共有していることもさることながら、交流し共感する前提として何らかの文化的な共通性を有するか否かが交流の質を左右していたように思われる。ここでいう文化的な共通性とは、中国古典のような教養から酒・煙草といった嗜好品や自然を観賞する心といったものにわたる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無為無策

 米地名委員会が竹島に関する表記を「韓国・公海」から「主権未指定」に変更したことに対して、韓国世論と韓国政府による批判を受けて、同委員会が再び表記を従前の「韓国・公海」に変更した。  そのことに対して、日本政府は特別の対応はしないといっている。 >【竹島問題】町村長官「抗議は必要なし」 米の竹島「韓国領」表記再変更 2008.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安堵3割  ハンドボールの五輪予選について

 まだ、男子の結果が出ていないのだから、あまりいうべきことじゃないのだろうけど、昨日の女子の結果をみて思った。  折角の予選やりなおしだし、一生懸命練習してきた選手や関係者の苦労を思えば、できれば日本が五輪出場を決めて欲しかったという思いはある。  そういう悔しさとか、あるいは心残りという感情が7割だとすると、不思議とどこかで、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヨーコの話」の話

 最近、韓国では、アメリカの一部の州で使用されている教材に注目が集まっているらしい。  「ヨーコの話」という、物語がそれであるらしい。  そして、韓国系の少女が、ショックを受けてか、抗議のためか一週間登校拒否をしたらしい。  21日付けの朝鮮日報の記事によると、 「間違った『ヨーコの話』学びたくない」  米国に住む…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

きなくさい国

 どうにも…  (以前から、韓国紙では大きく取り上げられていましたけどね) 韓国、射程千キロの巡航ミサイル試射成功 (2006年10月24日20時28分 アサヒコム)  韓国軍が射程約1000キロの国産巡航ミサイルの開発を進め、このほど試験発射に成功した、と韓国軍事情報筋が明らかにした。「テポドン」など北朝鮮のミサイル網…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いいのか?それで、いいのか?

W杯で、みなさんも盛り上がっていらっしゃることでしょう。 スポーツは楽しいし、それが国際試合ともなれば、やはり、盛り上がる。 日本チームが勝てば、純粋にうれしい。 そして、やはり、試合開始前には、「君が代」を誇らしく感じるし、応援席の「日の丸」に胸熱くする。  しかしながら、丸山真男が「増補版 現代政治の思想と行動」(未来社…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

竹島問題雑感(3)

2 このことは、「靖国カード説」を正当化してしまう。  「靖国カード説」とは、相手側諸国は、本当は問題など存在しないのにもかかわらず、これを持ち出すことで、対日圧力を増すことができる便利なカードとして利用しようとしているという考え方であると、ここではしておく。  わたしは、このような考え方も一面的には真理であろうが、特に中国にお…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

竹島問題雑感(2)

この問題は、いろいろと考えさせてくれる。 1 まず、日本人は、彼らの「第二次大戦」に対するナイーブな信頼感、が裏切られているのではと疑いをいだきはじめた  この問題は、竹島が韓国の反共国家主義独裁政権に軍事占領されたのが、そもそもきっかけであるが、その遠因は、明らかに日本の対米戦争敗北という事実にある。  戦争に負けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「竹島」に関して雑感

日本海の海底調査に関して、奇妙といえば奇妙な妥協が、日韓両政府間で成ったようだ。(詳細) 武力衝突が起きるよりかは、無い方がよい、と考えられるのであれば、この妥協はその限りで、意味がある。 妥協の内容は、つまり、いままでどおり、先送りにしようと、ということであり、それはそれで、ひとつの方法ではある。 しかし、こと、竹島問題に関…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

竹島

1 日本人にナショナリズムを禁じる人が外国人のナショナリズムには同情的であるように、しばしば、感じる。  このような人は、日本人のナショナリズムは「軍国主義」的で「侵略主義」的であると考え、外国人のナショナリズムは「人民主義」的で「反植民地主義」的であると感じているように思われる。  このような立場の人は、日本国家の過去の歴史的経緯…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

WBC 決勝進出を祝う…ついでに、ぶつぶつ、いう

いやぁ よかった、よかった。 福留、よかったね。(涙) 調子が悪いので、心配だったが、やるべきときには、きちんと、仕事をしてくれた。 自分も、少し具合が悪いのだが、無理してでも、TV見ていてよかった。 「三度目の正直」ともいうべき対韓国戦の勝利という、いささか偏狭な民族主義的喜びもあって、なんとも、うれしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more