テーマ:芸能

和田アキ子とか、出川哲郎とか、よしもと芸人とか、なんでもかんでも売り飛ばすな

 正直、どうでもいい話なのだが、和田アキ子が、番組の中で出川哲郎に狩野英孝に生電話をかけせたことが、「パワハラ」にあたると批判されているらしい。  今日(2月5日)の松本人志の番組で取り上げられていたが、芸能界の内側の論理でごちゃごちゃと言っていても全く意味がない。  小藪なんぞは、顔だけでも見苦しいのだから、そういう見苦しい議論は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アナと雪の女王」

 ディズニー映画は、かなりの頻度で見に行っていると思う。  もっとも、DVDを買うであろうからというので、同時期に他に子どもと一緒に見に行くことができる話題作があれば、見逃しているものもある。  こどもたちが、友達からよかったという話を聞いてきたのもある。あるいは、マスコミで松たか子や神田沙也加の評判がよかったというのもある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めまい

今年の大河ドラマには、めまいがする。 本の出来が悪すぎ。 そして、それ相応の、平板な演出。 上野樹里が頑張れ(力めば)ば頑張る(力む)ほどに、画面の上を上滑りしていく。 これでは、彼女も不幸というものだろう。 こういっては、テレビ東京に大変失礼だが、こういう手合いのドラマは、新春のテレビ東京の長時間ドラマに任せてお…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「春場所中止」に思う 嗜虐的なマス・メディアと便乗する良識を欠く政治家

 相撲協会が春場所の中止を検討しているという。  それは、協会が考えればよいことだ。外野が、その是非をうんぬんというのはどうだろう。  ただ、名古屋場所といい、春場所(大阪場所)といい、犠牲にされるのが、地方場所というのはどういうことだろうなとは思う。  僕は、相撲を志した前途ある若者が、その親方の主導によるリンチにより殺害さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻木と山路とその他もろもろに「けじめ」のなさを思う

 大桃美代子が、元夫の山路氏と麻木久仁子が不倫関係にあったとツィッターで「つぶやい」たことに端を発した騒動自体には、そう関心があるわけではない。  今月の22日に麻木が、TBS番組終了後に会見をし、山路と関係が始まったころには、すでに山路と大桃の間は、夫婦関係が破たんしていたと山路から聞いていたなどと反論し、同席の弁護士もこれを前提に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカデミー賞に思う -映像、兵士、文化-

 最近は、こども向けのアニメぐらいしかみていない。実際、アバターすら観ていない。  だから、これは批評でも評論でもなくて、TV等報道から得た印象にすぎない。  ボクが映画を観たころ(時代は、蓮実重彦や山口昌男だった)は、商業的にはハリウッド映画が全盛だったにせよ、アカデミー賞で映画を語るというのは、とても恥ずかしいことのように感…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

坂の上 みた

スペシャルドラマと銘打つだけのことはあって、 大河よりははるかにいいつくりだったが、セットがちゃちくなっていくことがないように望む。 所詮、ドラマはドラマ、小説は小説ってことを忘れて、 マジに、突っ込みをいれるような野暮は、さすがにこの年になると恥ずかしいのでやめる。 人間がぺらぺらの今年の大河のような悲惨なことにならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キングオブコント2009を見た

「東京03」は、いまや、斯界の実力者の風格があったから、その優勝は結論的には異論がないだろう。 しかし、第1ステージが終わった時点での、「サンドウィッチマン」のリードは磐石のように見えたから、その時点からみるとこの結果は、驚いた。 そう、もちろん、ボクの認識が不足していたということなのだろうけど、あの第1ステージのサンドウィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more