BTSは反日のために、MSを出演中止させられたのか

 BTSが、「反日」制裁のためにミュージックステーションへの出演中止させられたとして、一部メディア関係者や外国(とくに韓国)報道を中心に盛り上がっているらしい。
 彼らの音楽については、ほとんど知るところがないので、出演できなかったことが、残念なことなのか、どうかは最終的には、ミュージックステーション視聴者や、彼らのファンの判断に委ねるしかないわけだが、テレビ朝日がBTSが「反日」であるとするネットウヨクや保守層の批判を圧力と感じて、彼らの出演中止に至ったとする評価は一面的なものではないか、と思う。(もっとも、商業放送であるテレビ朝日の娯楽番組が社会的に評価の下がった、つまり、商品的価値の下がった演者の出演を取りやめること自体は、それが仮に「意気地のない」ことのように見えたとしても、それはそれで「合理的」ではないか。韓国では、「反日」(ととられうる)言動を行って、日本でも、受け入れてほしいというのは、率直にいって、「図々しい」態度である。互いに面白くないことがあっても、うまくやっていくために必要な寛容と度量を示すべきなのは、どちらか一方ではありえない。)

 発端となったのは、彼らがSNSに投稿で、原爆投下の写真をあしらったTシャツを着ていた写真を投稿したのがきっかけであったようである。

そもそもの騒動の発端となったTシャツには、「PATRIOTISM(愛国)」「LIBERATION(解放)」「KOREA(韓国)」などの言葉と、原爆投下後のキノコ雲の写真があしらわれていた。
販売するウェブサイトには、日本統治からの解放を祝う韓国の記念日「光復節」を表現したものだという説明があったが、BTSの出演中止を受けて、デザイン事務所の代表が「原爆が投下され日本が無条件降伏したために韓国は解放されたという、歴史の順序を表現するものだった。反日感情と日本に対する報復などの意図はなかった」と謝罪する事態に(WoW!Korea・11月9日)。

BTSのMステ出演中止決まったのは「前日」。「反日制裁」「バカにされた」ファンたちは…
竹下 郁子,西山 里緒 2018/11/09 19:00から引用


 おそらく、これを「反日」ととらえて攻撃に走ったネットウヨクが少なくなかったであろうことは想像に難くない。
 もっとも、この事実を知れば、大方の日本人はやはり眉を顰めるであろうし、そういう演者が出演させる番組制作者や放送局の判断に、すくなくとも、違和感を感じるであろう。
 要は、そのような違和感を感じる視聴者の目を乗り越えるメリットを、BTSの出演に感じなかったということにつきる。

 しかし、問題にしたいのは、そういう類の話ではない。

 韓国のTシャツのデザイン会社の、歴史の順序を表現したものに過ぎないという主張自体が、レイシズムに汚染されているのであり、BTSのような、つまり、社会問題に意識の高いことを売りとしている演者たちもが、そのようなレイシズムをばらまくことに、何の痛痒も感じていないということを批判したいのである。

 日本人の多くは、アメリカで、いまなお、戦争中の原爆投下が正しかったとする主張がされていることには、違和感を感じるだろう。
 アメリカは、対日戦争で、一般の住民を殺害の対象とする戦略爆撃を行った。それは、軍需工場などを狙った精密爆撃ではなく、無辜の市民を殺害することを目的とした無差別殺戮であった。今、アメリカがシリアのアサド政権が行っているとして批判する、一般市民への無差別殺戮そのものである。
 なかでも、原子爆弾は、いっさいの選別の可能性を排除した「殲滅戦」の道具である。
 核兵器の使用は、現在、そのあまりの非人道性により、国際法違反とされる至っている。ヒロシマ、ナガサキの悲劇は、人類の悲劇として記憶されていくべきものである。
 しかし、アメリカでは、いまなお、多くの人々が、原爆投下のおかげで、戦争が早期に終わったので、原爆投下という選択は正しかった。原爆のおかげで、犠牲者が少なくすんだと主張している。
 BTSメンバーが着たTシャツの思想は、この奇怪な思想と、瓜二つではないか。
 彼らの中で、韓国や、韓国への愛国心、韓国の独立が、価値あるものであるとするなら、このTシャツの思想によれば、その原因となった原爆投下は、正しいものと感じられているはずである。

 広島、長崎の犠牲者には、赤ん坊も、年寄りも、そして朝鮮半島出身者もいた。それらの無辜の一般市民は、韓国の独立と引き換えならば、当然に殺されてもよかった、殺されるべき存在だったのか。

 広島・長崎への原爆投下に至る経緯と占領時の米軍の戦略爆撃調査団の行為には、ふかく人種差別的な刻印が刻まれている。このこと自体は、いまさらあらそう必要がないほど知られた事実といってよいであろう。
 あくまで、都市というモノの破壊を目的とした対独空襲に対して、焼夷弾で人を焼き殺そうとした対日空襲は、ナパームで人間ごと森を焼き払おうとした対越戦争と同じ目線を感じる。既に、そこでは、「敵」は自分たちと同じ人間として扱われていない。
 原爆投下は、そういうレイシズムの視線の究極の武器なのだ。

 韓国人の歴史意識が、件のTシャツのようなものだとすれば、われわれアジア人に対するレイシズムを自分のものとして取り込んでいくることになる。

 自己の「常識」に潜む差別意識や権力性向に対して無自覚、無批判な態度は、社会に対して何らかのメッセージを発しようとする人間としては、あまりに幼稚な態度であると評さざるを得ない。
 つまりは、イキがってないで、もっと、謙虚になれってことだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック